インスタグラムにショッピング機能が追加され、インスタグラムの写真からお金を使って商品を買うことができる様になりました。もともとネット上においてショッピングと写真は一体として不可欠の要素であるが、逆に言えば今までインスタグラムにショッピング機能がなかったのが不思議でもある。使い方としては、販売する投稿者側が専用のタグを写真に付けて投稿すると、写真の左下にショッピング可能な識別マークが表示される。この写真を見た人が、写真のショッピング可能な識別マークをクリックすると、商品の価格と詳細が表示され、外部サイトのリンク先をたどってこの商品を購入できるという仕組み。すでに多くのユーザーをかかえているインスタグラムだけに、もしかしたらアマゾンや楽天をしのぐ規模のECサイトになるのではないだろうか。
ネットショッピングは近年物を買う手段として主流になりつつある。アマゾン、楽天、その他ショッピングサイトで商品を購入された経験をお持ちの方も多いと思う。一方、洋服などの個人個人のサイズが合うのが必要な商品はネットショッピングにあわないといわれてきたが、今ではそんな洋服でさえネット上で試着サービス後に購入することが可能になるなど工夫を凝らしている。インスタグラムでの今回のショッピング機能追加は、購買意識のなかった人間に購買意識を付けていく意味では大きな意味があるのではないかと思う。もともと購買意識のある人間はすぐにアマゾンや楽天で検索して商品を買うのに対して、インスタグラムでは商品写真を見て、これいいなと思って初めて商品を購買するという意識になる。特に有名人が着ている服やアクセサリー、日常小物などはその傾向が強いのではなかろうか。ツイッターズの複数のスタッフに意見を求めたところ、男性の多くはインスタグラムで商品を買うのは否定的で(そもそも有名人のインスタは見ない?)女性は肯定的な意見が多かった。流行に敏感な女性が今後もネットを牽引していくということだろうか。よくインスタグラムの写真においしいお店の紹介でデザートなどの写真が掲載されているが、これがもし自分も食べたいと思ったら、その写真から注文したら、もし近くの店でデリバリーサービスがあり、デリバリーですぐに商品が届くならほんとうに便利な世界になるかもしれない。そんな近未来が近づいてくるはじまりになるのかもしれない。これがほんとうのネット口コミとして発展していくと思います。