日本経済新聞より、最近の「お金でフォロワーを買う」状況について取材を受けました。下記が掲載記事になります。(赤線部分が弊社インタビュー記事になります)

当サイトでは、取材の中で、現実とネットの重要性の比重が変化していることに警鐘を鳴らしています。
ネットは便利ですが、あくまでも現実世界を便利にする道具であって、決して現実世界に置き換わるものではないという事です。
現実の世界の友人を捨て、ネットの友人だけで生きていくことは可能でしょうか?
あなたのすべての喜びをネットだけで充足させることは果たして可能でしょうか?
人の顔を見て、そこから喜びの笑顔や悲しみの涙、果ては怒りの形相を感じる、これはネットで体験できるでしょうか?
これだけ多くの時間をネットで過ごすツイッターズのスタッフでも決してそうは思いません。
ネットでたくさんの「いいね」をもらうことも素晴らしいことですが、身の回りの家族や友人、同僚から、よくやったと言ってもらえることの重要性を、ツイッターズのスタッフは一番大事にしています。
もしお時間があれば、ぜひ記事をお読み頂ければ幸いです。
ネットでは残念ながらすべての記事をお読み頂くことが出来ませんので、すべてご覧いただくには日本経済新聞を買って頂きます様お願い致します。